チオビタ牧場

丸に木瓜

娯楽の中でエロゲ最強論

概要

エロゲが最強やぞ、というのを分かりやすくまとめます。
あなたの人生がより良いものになりますように。

娯楽の比較

娯楽といっても、定義は「楽しめるもの」であるらしいです。
ただ、今回は家で手にするであろうものだけ比較です。

スコアは155が最大です。








小説 1 5
ラノベ 2 5
マンガ 4 4
アニメ 4 3
ゲーム 4 4
映画 5 1
ドラマ 5 3
エロゲ 3 5

小説、文字だけ。他と比べるとやはり分かりにくいです。
ラノベになると挿絵やイラストが付くことで、文字だけより分かりやすくなる。
マンガは動きなどを絵を主体に描いていくので非常に分かりやすくなる、けれど情報量はちと落ちる。
アニメになるとマンガよりさらに分かりやすくなるけれど、原作の情報量は流石に維持できない事が多い。

ゲームは色々あるのでピンキリですが、結構な情報量かと。

映画、世界を席巻してるだけあって非常に分かりやすい。
けれど流石に90分~120分、最大でも2時間3時間となると情報量に制限がかかる。
その時間でキレイに終わらせないといけないですし。

ドラマ、映画ほど気合入れまくってないけれど、本をすべて映像化するかのような長さですね。
非常に分かりやすく、なかなかの情報量かな、と。

エロゲ、紙芝居と揶揄されたりします。まぁ……確かに。
極限まで言えば「ストーリーにイラストやCGを付けて進行するもの」ですね。
本媒体に並ぶ情報量を持ち、かなり分かりやすくなるようにしてあるもの、です。

特記事項

エロゲの本領はここからです。

「表現の限界」

倫理観、規制、法律。

「グロすぎる」
「視聴者に引かれる」
「倫理的に許されない」
「教育に悪影響を及ぼす」

ファックユー

そんなもん無いですよ。
なぜ?18禁だから。

ストーリー上、なんの制限も一切無い。
これは本当に強みです。

映画・ドラマ・アニメの届かない所へも自由に行ける世界の広さ、ですよ。
(マンガも小説もそこらへんは自由かもですね、アニメも一部は)

どんな相手とどんな状況でセックスしてもいいし、
どれだけ不快なキャラクターでも登場しうる。

めちゃくちゃ頭おかしいキャラクターだって出てくるかもしれない。

個人的に好きなハーレムエンドだってありえる。
(もっとハーレムエンド増えて❤)

人の考えられるありとあらゆるストーリーの可能性をしっかり形に出来る器量がある訳ですよ。

そして、それを楽しむことが出来るのがエロゲです。


「選択による世界変化」

エロゲの真髄、それは、
プレイヤーの選択によって世界が変化する
ことです。

これはほぼエロゲしか持たない最強の強みです。

普通のゲームにも一部ありますよ?
そもそもプレイヤーが頑張らないとクリア出来なかったり。
牧場物語で嫁選べたり。

けれど、大きく世界が変化して、その過程、前後についてまでもストーリーが描かれるとなるとエロゲは他の追随を許しません。

未知の世界で選択を間違えず必死に生き延びようとする。
ヒロインが複数居て、好きな相手を選びセックスする。
敵対してる複数組織の、好きな組織に所属して相手を滅ぼす。
気に入ったキャラを手に入れ、気に入らないキャラを殺す。
世界制覇に挑戦して、様々なイベントを経験する。

様々な可能性を、自分が選択していくことで、体験できる。

これこそエロゲが最強たる理由です。


ソシャゲも楽しいの分かりますが、なんとか時間を作って、「1つの世界に冒険しに行く」という気持ちでエロゲに手を出すのはいかがでしょうか。

そのうちオススメエロゲ記事でも書くかもです。

終わり